ハワイの教会&チャペルウエディングの特徴と結婚式場の種類

CHURCH & CHAPEL

pattern

歴史ある教会から地元で愛されるハワイアンチャーチまで。

ハワイ州には、結婚式を行うことのできるチャーチやチャペルが各地にたくさんあります。海の見えるロケーション、美しいステンドグラス、年季の入ったパイプオルガン、重要文化財、長いバージンロード、美しい外観等、式場それぞれに素敵な特徴がありますのでハワイウエディングの準備では式場選びも楽しみのひとつです。一般的には挙式日の1年前から予約を受け付ける式場が多い為、特に人気の式場では挙式日が決定されたらまずは式場の予約から準備を進めて参りましょう。

チャーチとチャペルの違い

結婚式の観点からは「チャーチ=教会」「チャペル=結婚式場」に例えると理解しやすいです。「チャーチ」は、州や地域の人々に大切に管理されており、独自の歴史背景や文化をもち、観光名所や重要文化財として貴重な教会もあります。教会の歴史と共に想い出の地として残りますので、再びハワイを訪れた際に教会に立ち寄ると感慨深いものがあります。 日本で認知度の高い「チャペル」は、結婚式場の意味合いが大きいです。オアフ島のチャペルの多くは日系企業がプロデュースを手掛けていることもあり、日本で結婚式を行うような感覚で安心して挙式に望めます。尚、挙式セレモニーに関しては、リーガルウエディングまたはカトリック系教会以外の挙式では、チャーチもチャペルも牧師先生によるブレッシングスタイル(記念式)で行われるのが一般的です。

オアフ島の4大教会

ハワイの教会の中で代表的な挙式会場がオアフ島の4大教会です。ハワイ王朝時代からの歴史を誇るカワイアハオ教会。ハワイで最も美しいと称されるセントラルユニオン教会大聖堂。オアフ島で唯一聖壇から海の見えるキャルバリーバイザシー教会。巨大な美しいステンドグラスで有名なセントアンドリュース教会大聖堂。これらの4大教会はそれぞれ奥深い歴史背景をもつ本物のハワイアンチャーチです。立地条件やビジュアル面からも日本のお客様に特に人気があります。

挙式組数限定の教会

日本人の海外ウエディングで渡航者数が一番多いのがハワイです。特に日本人観光客の集中するオアフ島ホノルルの人気の式場では、多いところで約1時間毎に挙式時間帯が設定されています。そのため前後に挙式が入っている場合は、他の新郎新婦様やゲスト同士が敷地内で遭遇したり、撮影や演出の時間にも制限が設けられることもあります。このようなハワイでも、1日に行う挙式組数の少ない挙式会場があります。1日の挙式数を限定している教会のメリットは、余裕をもって対応できるよう時間設定されていたり、もちろん他の日本人挙式グループと敷地内で遭遇することはありませんのでプライベート感のあるハワイウエディングが叶います。よりゆったりとした時間の流れる空気やアットホームな雰囲気をお好みの場合は、ローカルウエディングで人気のカウアイ島やマウイ島のハワイアンチャーチもお奨めです。

ハワイの教会・チャペルのご案内

ハワイの教会・チャペルの結婚式に関するご相談はお気軽にご連絡ください。